節税対策として土地・建物の一部を売却したい

相続した土地が大きくて、相続税負担が大きすぎる・・・
相続された建物を一部売却できないか・・・
相続後の固定資産税の支払が不安・・・

相続された土地や建物にかかる相続税や固定資産税の負担に、不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
相続した土地が大きく、そのため相続税や固定資産税の支払が難しいという場合、土地や建物の一部売却を行い、そこで得た資金をこれからの納税へのために活用するという節税方法があります。

不動産の一部売却をすることで、譲り受けた財産をすべて手放すことを避けることができ、多額の納税額に苦しむ必要もなくなります。

土地の一部を売却する場合

土地を一部売却する場合、「土地分筆登記」が必要です。
土地の分筆登記は、一部の土地を売却することで、納税評価額を抑えることができます。この土地分筆登記を行うことで、相続税や毎年にかかる固定資産税も抑えることが可能です。

詳しくは、お問い合わせください。

建物の一部を売却する場合

土地と同様に、相続で得た建物を譲り受ける際の相続税や毎年の固定資産税は、家計にとって大きな負担となりえるものです。

そのため、建物を分割し、一部を売却することで、納税評価額を少なくし、固定資産税の節税を行うことができます。この、建物の一部を売却する際の手続きを、「建物区分登記」といいます。

詳しくは、お問い合わせください。

土地や建物の節税対策には、お客様の保有状況や相続状況に応じて異なります。
節税対策について、個別のアドバイスが欲しいとお考えのお客様は、一度ご相談ください。私たち土地家屋調査士が土地・建物のプロフェッショナルとして、親身になってご相談させていただきます。


ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 042-521-0888 受付時間9:00〜18:00 土日祝は要相談 JR立川駅徒歩6分 ネットでの相談予約はこちら