古くから所有していた土地が他人との共有であった場合の相続手続きの事例

Q 古くから所有していると思っていた土地が、他人との共有だったため手を付けられない状態です。また、その人も既に亡くなっておりその相続人が大勢いてどうすると良いかわかりません。

A 弊所においては、各相続人にコンタクトを取り、それぞれ共有解消の和解を取り付けました。
和解協議が不調に終わった相続人に対しては、時効取得の裁判を提起し共有を解消しました。

 

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 042-521-0888 受付時間9:00〜18:00 土日祝は要相談 JR立川駅徒歩6分 ネットでの相談予約はこちら