未成年の超過特別受益者と遺産分割

未成年の超過特別受益者と遺産分割

共同相続人甲・乙・丙・丁(丁は未成年者、親権者は甲)である場合に、丁は相続分以上の贈与を受けているので相続分がない旨の甲の証明書及び甲・乙・丙間の遺産分割協議書を提供して相続登記の申請があった場合には、受理して差し支えない。

引用元:登記研究165号 via 基本書不動産登記法II各論1

特別受益の証明書を親権者が作成する場合は、事実の証明に過ぎないので特別代理人の選任を要しないこと。

相続分のない特別受益者(超過特別受益者)がいる場合は、そのものを除いた共同相続人で遺産分割協議をすることができること。

この2点を示した判断になります。

関連投稿


▼クリックをお願いしています。
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

2010年03月20日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続登記 | タグ:

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。


未成年に一方的に有利な遺産分割協議と特別代理人 »
« 共同相続人の一部に相続させる遺言と遺産分割

色付き条文 説明

黄色 主語

赤色 定義 義務 みなし

水色 任意 権利 推定

緑色 条件

紫色 例外 但書

事務所公式サイト他

無料法律相談は立川市の認定司法書士

債務整理お悩み解決web立川八王子版

立川で地元密着山口達夫事務所ブログ

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes